JA常陸の概要about

ごあいさつ

常陸農業協同組合 代表理事組合長 秋山豊

 この度、令和3年4月22日の第7回通常総代会終了後の第3回定例理事会で、代表理事組合長に選任されました秋山です。組合を代表して一言ご挨拶を申し上げます。
 JA常陸は、平成26年8月に第2次広域合併を果たし、北関東一の規模のJAとなりました。令和3年8月で7歳となります。
 JAは、営農指導、販売、購買、信用共済、農機、直売所、加工、介護、旅行、湯の郷事業等、多様な経済事業を実施しています。課題は、この事業によって、組合員や地域の皆様の農業所得の増大や生活の向上が図られたかどうか、生活が豊かになったのかどうかです。これについては、残念ながらまだまだと言わざるを得ません。

 新型コロナウイルスに対する国の農業対策である経営継続補助金、高収益作物次期作支援交付金等は、県内JAの中では一番多くの申請を行いました。しかし、米、野菜、直売所の販売高は未だに芳しくはない状況にあります。
 これらを受け、今後は、水田農業、畑作、園芸、畜産、加工、直売事業の強化に取り組んでいきたいというのが私の今の率直な思いです。
 最後に皆様のJAに対するご理解、ご協力をお願いし、ご挨拶と致します。

メニューを開く メニューを閉じる